閉じる

トップクラブ紹介体育系クラブ > 陸上競技部(男子・女子)

陸上競技部(男子・女子)

陸上競技部(男子・女子)
目指せ全国! 行くぞ近畿! まずは中央!

「目指せ、全国。行くぞ、近畿。まずは中央。」を合い言葉に、日々懸命にトレーニングを重ねています。記録だけではなく、人間形成においても成長が認められる、今後に期待の持てるクラブです。

STAFF

顧 問
畑中 紳哉 / 徳備 大輔 / 森下 和

INFORMATION

部員数
40名(男子28名 / 女子8名 / 女子マネージャー4名)
部 費
月額:なし
実費:ユニホーム等必要な用具、 年間個人登録料、試合代など
活動場所
総合スポーツフィールド(Bグラウンド) / トレーニングジム
総合スポーツフィールド(Bグラウンド)
総合スポーツフィールド(Bグラウンド)
トレーニングジム
トレーニングジム
トレーニングジム
トレーニングジム

主な実績

2021年
  • 大阪高校秋季陸上競技大会
    1地区男子200m5位入賞
    1地区男子4×100mR5位入賞
    1地区男子三段跳4位入賞
    1地区男子円盤投5位入賞
    1地区男子砲丸投8位入賞
    1地区女子円盤投優勝
    1地区女子砲丸投5位、7位入賞
  • 大阪私立高等学校総合体育大会
    女子やり投2位入賞
  • 大阪高等学校総合体育大会
    女子2年円盤投7位入賞
    男子1年円盤投6位入賞
  • 大阪高等学校総合体育大会地区予選会
    男子4×100mR 8位入賞
    男子1年円盤投3位入賞
    男子1年砲丸投6位入賞
    女子2年円盤投4位入賞
    女子2年砲丸投7位入賞
  • 全国高等学校陸上競技対校選手権大会(近畿地区予選会)
    女子やり投決勝9位
  • 大阪高等学校陸上競技選手権大会
    女子やり投6位入賞
2020年
  • 大阪高校秋季陸上競技大会
    1地区女子やり投優勝、8位入賞
    1地区女子円盤投4位、5位入賞
    1地区女子砲丸投5位、6位入賞
  • 近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会
    女子2年やり投6位入賞
  • 大阪高等学校総合体育大会
    女子2年やり投優勝
    女子1年円盤投7位入賞
  • 大阪高等学校総合体育大会地区予選会
    女子2年やり投優勝
2019年
  • 近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会
    女子1年やり投2位
  • 大阪高校陸上1地区第4回記録会 出場
  • 茨木市民陸上競技大会
    男子やり投 3位
    女子やり投 優勝
  • 大阪高校総体地区予選会
    女子1年やり投優勝、女子1年円盤投4位
  • 国民体育大会代表選手選考会
    女子少年共通やり投7位
  • 大阪高等学校総合体育大会
    女子1年やり投2位
  • 大阪私立高等学校総合体育大会
    女子やり投5位
2018年
  • 万博クロスカントリー大会
    女子3kmの部 46位
  • 大阪高校秋季陸上競技大会
    1地区男子やり投 6位入賞
  • 茨木市民陸上競技大会
    男子走幅跳 4位、男子やり投 4位
2017年
  • 大阪高校秋季陸上競技大会
    1地区男子走幅跳8位入賞、1地区男子やり投5位入賞
  • 茨木市体育協会杯陸上競技大会
    男子100m7位、男子200m3位、男子4x100mR優勝、男子走幅跳 優勝
    女子200m4位、女子1500m2位、女子4x100mR3位、女子やり投4位
  • 大阪私立高等学校総合体育大会
    男子砲丸投7位入賞
  • 茨木市民陸上競技大会
    男子800m2位、男子4x400mR4位、男子砲丸投3、4位 男子円盤投3位
    女子3000m7位、女子円盤投2位
  • 大阪高等学校陸上競技選手権大会
    男子砲丸投 決勝8位
  • 全国高等学校陸上競技対校選手権大会(近畿地区予選会)
    男子砲丸投 決勝9位
  • 大阪高等学校陸上競技選手権大会
    男子砲丸投 決勝5位
2016年
  • 大阪私学大会
    男子砲丸投 決勝8位
2015年
  • 大阪高等学校総合体育大会
    男子砲丸投 決勝6位
  • 大阪ジュニア陸上競技選手権大会
    男子B砲丸投 決勝3位
2014年
  • 大阪高等学校陸上競技対校選手権大会
    男子100m準決勝進出 男子4×100mR準決勝進出
  • 大阪私学大会
    男子100m決勝6位
  • 茨木市体育協会杯
    男子100m優勝
2001・2008~2010年
《過去最高》
  • 全国大会 出場

メッセージ

畑中 紳哉 顧問

陸上競技部は、幅広い分野で競技活動を行っています。 短距離、中長距離、そしてフィールド競技があり、部員はそれぞれの分野において日々懸命にトレーニングを重ねています。 また、その結果を発揮するために高校総体、私学大会、記録会などの各種大会にも積極的に出場し、 記録面はもちろん、人間形成においても着々と成長が認められる、今後に期待の持てるクラブです。

TOPICS

グラウンドのリニューアル

トレーニングセンターに隣接しているグラウンドが、2019年4月にリニューアルしました。
全天候ウレタン舗装の陸上トラック、ウッドチップ舗装のクロスカントリーコース、幅跳び助走路と人工芝のアメリカンフットボール・ラグビー練習場を整備しました。
大阪学院大学の大学生と同じ、充実した練習環境で高校生も部活動に励むことで、練習への集中力を高め、記録を伸ばし、全国大会出場を目指します。

[ 金メダリスト高橋尚子さんと新グラウンドを試走! ]

クラブニュース

  • いじめ防止基本方針
  • 大阪学院大学 ご支援をお考えの皆様へ
  • 規則について
  • 個人情報について