大阪学院大学高等学校

閉じる

大阪学院大学高等学校

クラブ紹介

トップクラブ紹介体育系クラブ > バスケットボール部(男子)

バスケットボール部(男子)

バスケットボール部(男子)
心身の鍛錬と人の和

全国大会に出場し、勝ち進むことを目標として練習に励んでいます。 2013年はインターハイベスト8になりました。練習で重視するのは、 挨拶と大きな声でのコミュニケーション。バスケットボールは自己主張と 協調性の両方が要求され、個性を発揮しながら、チームメートの力を 引き出す能力を身につけていきます。バスケットボールを通じて努力を 積み重ねる大切さや、仲間と協力し合う素晴らしさを学びましょう。

STAFF

総監督
行広 伸太郎
監 督
髙橋 渉
顧 問 佐々木 清次
コーチ 畠山 貴行
トレーナー 関 一馬

INFORMATION

部員数
50名
活動場所 体育館2階、20号館など
部費 月費:3,000円
実費:クラブバッグ、ジャージ、合宿遠征費など

主な実績

2017年 全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)出場
大阪高等学校バスケットボール選手権大会 優勝
全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場
大阪高等学校総合体育大会 優勝
大阪高等学校バスケットボール新人大会 優勝
2016年 全国高等学校総合体育大会 2回戦
大阪高等学校バスケットボール選手権大会 優勝
2015年 大阪高等学校バスケットボール新人大会 優勝
近畿高等学校バスケットボール新人大会 3位
2014年 全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)出場
全国高等学校バスケットボール選手権大会(インターハイ)ベスト16
2013年《過去最高》 インターハイ ベスト8
メッセージ髙橋 渉 監督

挨拶の徹底と練習中に声を出してコミュニケーションを取ることに重点を置き日々練習をしています。 バスケットは個性の発揮と協調性の両方を要求される競技です。時には果敢に挑戦し、 時には縁の下の力持ちとなり仲間を支えなければなりません。 高校生活をバスケットに打ち込み、厳しい練習を乗り越えることで選手として、また人間として大きく成長できると思います。

行広 伸太郎 総監督

行広 伸太郎 総監督

1986年松下電器産業(株)(現パナソニック)入社。日本リーグ優勝4回、全日本総合(天皇杯)優勝3回など、選手として輝かしい成績を残す。

2002年から大阪学院大学バスケットボール部監督に就任。

高橋 歩 監督

髙橋 渉 監督

1991年日本鉱業(株)(現JXホールディングス)入社。2003年、2004年国体大阪成年男子監督を務め、全国2連覇。

2004年から本校バスケットボール部監督に就任。

クラブニュース

  • いじめ防止基本方針
  • 大阪学院大学 ご支援をお考えの皆様へ
  • 規則について
  • 個人情報について